神との対話 3 子育て

神との対話 2はあっという間に読んでしまいましたが、

3はまたゆっくり読んでいます。

子育てについて色々書かれていて興味深いです。

そもそも自分の探求の真っ最中の20代や30代のスピリチュアル的子供が
もっと未熟な子供を育てようなんてのが世の中のひずみのもとだと。。
しかし物理的には14歳~20歳ごろで子供を作る身体になっている。
その時期の性的欲求はとにかく抑え込められる。。
そしてもしその時期に子供が出来ようものならその責任をそんな幼さに押し付ける。
なんと不自然なことか。。
子供は様々な感情を押さえ込めるように育てらる。その反動で暴力や戦争がおこる。
本来50、60歳になってやっと子育てができるというものである。
個人に子育てを押し付けるのではなくコミュニティ全体で行うのがスピリチュアル的にみて高度な社会だ。。

そんな内容がありました。
これは私はとても理解できる気がします。
家族単位、親子単位ではなく本来みんなひとつなのだからその枠を超えて支えあうこととが自然だと。
なかなか今の社会はこれから程遠いですが
私がなんとなく最近目指している「世代間交流」これがそんなすばらしいワンネサスへの一歩となるよう何かお少しでも行っていきます。
[PR]
# by haneno | 2010-01-28 11:56 | 日記

フィンドフォーンの魔法

フィンドフォーン・・・

スピリチュアル通なら必ず知っている魔法の地

私も詳しくは知らなかったのですが

またまた古本屋で100円で見つけてしまったので飛びついて買って読んでしまいました。笑
フィンドフォーン関連の本は初めてでした。

マイケルJローズの本に出てきて大いに私の興味をそそった牧神パンもたくさん出てきます。

最近こういった自然界の精霊たちの存在にふれてからかなんとなくほうったらかしだった庭を掘り返して花壇を作ったり家庭菜園を作ってみたり生ごみ堆肥に挑戦したりしているのです。
空間としてフィンドフォーンはとても遠い。。汗
うちがフィンドフォーンになればよいのに。。
少しずつでも植物を植えてその精霊たちの働きに触れることが出来たらなあ。
しかし家庭菜園にうえた野菜を毎日みるのがとても心地よいのですが、毎日見すぎてその成長がよくわからなかったりします。笑
1週間ほど留守にして帰ってきた時にその成長に驚きましたもの。
何事も執着はいけませんね。

しかしこの本、最初はとても読みづらかったです。
そして途中でだれが語り手かわからなくなったり。。
しかし、フィンドフォーンがどういうところのなのか最後にはよくわかりました。
そして何か大きな期待を抱いてそこへ行ってみたいという思いにかられました。
それは大きな執着なのであまりよくない気がしています。

ここ・今自分がいる場所でもフィンドフォーンが実現できる。
そう考えるようにしています。

しかしこのフィンドフォーンも創設は30年以上前。。
この本が出版された時点でも既に15年以上前。。
確かに本も安く手に入るわけですが私最近読む本はだいたい10年以上前に出版された本です。
10年前の私がこういったスピリチュアル関連の本を読むなんてありえなかった。
読む準備ができてやっと手元にやってくるものですね。

最初に読んだ「アウトオンアリム」これはタイトルからスピリチュアルだなんてわからなくて読んだわけです。
サラリーマン生活に悶々としている時期にふと本屋でタイトルに引かれた本:「ハリウッド女優になったOL奮闘記 」の中に出てきて読んでみたんです。
それがいつごろなんだろ。。
就職したての頃に出た本が多いなあ。。
あの頃はまだまだそこまでたどり着いていませんでした。
「アウトオンアリム」の次に読んだスピリチュアルな本といえば江原さんかな。
それまで時間がだいぶあきました。。

とにかく私も少しは進化してきているのだなと思います。
[PR]
# by haneno | 2010-01-13 13:28 | 日記

広島:PEACEと「神との対話」

最近広島に出かける用事があります。
それまで広島にはあまり縁がありませんでした。
一度だけ友人の実家が宮島に近いのでよったことがあるくらいでした。

一度訪れると長く滞在できるのであちこちでかけています。

平和公園にぶらっと散歩に行くことも多いです。

それにしてもやはり原爆ドームをみるたびに否応無くこころみ痛みや恐怖・不安がはしります。
自分で故意に何度も何度も呼び出してしまいます。
とてつもなく多くの命が一瞬にして失われかつとてつもなく多くの人の苦しみの上に
まさにその真上に今自分が立っているのですから・・・

平和記念資料館にも足を運びました。

悲惨でむごいはなし、情景は目を覆うものばかりです。
そして自分も子供をもち親という立場になったので小さな子供の命さえも多く失われたり
小さな子供まで苦しんで死んでいったという現実は耐えられません。

悲惨でむごいシーンを心の中で故意に何度も何度も再生してしまいます。
何度も何度も。。
しかしそのむごさを心の中で再生することはこの現実に対して自分が責任をとることになるのか?
一歩進むことになるのか?
そんなことを自分に問いかけますが答えは得られません。
奪われた全員の命が一瞬で痛みがなかったのならまだ少し気持ちが救われる気がしますが、何日も苦しんだ末に無くなった方も多くさらに、今もなお生ききながら苦しんでいる人もいるという現実はつらく悲しい。。

私が今、広島という土地に縁ができてよく訪れることになった意味は?
きっとこの原爆の被害という現実をより深く知らなくてはいけない。
知ろうとしている魂の導きがあるのでしょう。

しかしなぜ?こんなことがおきたのか
なぜ?自分はここに導かれているのか
なぜ?むごいシーンを何度も心の中で再生してしまうのか

答えが欲しい!
答えが欲しい!

そう思ってしました。
広島に滞在したのは2度目ですが今回はじめて資料館へ足を運びました。

帰ってきて読み続けている「神との対話2」をあけて愕然としました。

ヒトラーのアウシュビッツについてふれられていたのです。

大きな集団意識・不安やおそれ・エゴ、そういったものが形作った、生み出したものがそれだということ。
そう、それを生み出したのは私達自身であると言ってもらえて私はほっとしました。
過去の出来事ですが私に責任があるということは私が何かこれからの未来にそういったことが起こらないように何かできるということではないかと。。
広島も同じことが言えるだろうと考えました。
ああ、答えが少し見えた。。とありがたい気持ちになりました。
こうやってそのシーンを反芻しているだけではいけない。

しかしもう少し読みすすめてさらにびっくり。
具体的に広島のことについてふれられていたのです。

このタイミングに感動してしまいました。
そして真理への信頼感がもちろんましました。

そして今年は、
家族みんなで何か平和維持活動などに関する活動へ
参加したいなあ。

そんな気持ちになりました。
[PR]
# by haneno | 2010-01-07 05:57 | 日記

スピリチュアル本並行読書・読み返しのすすめ

Happy New Year!

新しい一年が始まりましたね。

しかし今年は自分の中ではあまりNewYearの区切り目がはっきりしません。
続いている感じ。。

ここのところ本読みによる私の真理の探究の特徴は~

並行読書
一度に複数の本を読むことです。
これはよいと思います。

今まではたいてい一冊を集中して読んでから次へという感じでした。
しかし違う著者の本を一度に読むことでどうしても陥りがちな「これが一番正しい」という感覚を軽減している気がします。
また表現は違うけれど同じ事をさしている部分を発見することも多く、むしろより理解が深まり真理として信頼できることが多いです。

準備が深まってから次の章へ進むように導かれるようにも感じます。

本Aの3章まで読むまでなんとなく本Bを読みすすめる気がしなくてほおっておく・・
そして本Bを開いた時には本Aにかかれていた内容についてふれらておりさらに理解が深まる。。
そんなこともよくあります。

「すべては一つ」
「思考が現実を呼び寄せる」
「現実にたいして自分に責任がある」
「愛がすべて」
「今・この時が一番大事」
「すべての人に過去生がある」
「感謝という愛がすべてを浄化・クリーニングする」
「集団意識=固定観念=記憶も現実を創造する」

こういったことは様々なスピリチュアルな本の中で共通してうったえられています。

並行読書とともにおすすめは読み返し
そういえばあの人はこの真理について著書の中で触れていたのだろうか?
欧米の人の本ばかりにこういった真理がでてくるけれど日本では誰かこういった心理について触れていないのか?

そうおもって以前に読んだ本を読み返すとあらちゃんと同じことがかかれている。。なんてことも。
特にスピリチュアル本は欧米、英語圏の方が書いたものが多いです。

日本はやはり江原さんの本。

江原さんというとどうしても前世のことについて注目されがちですが様々な心理について語られています。
ただ、江原さん、美輪さん以外でスピリチュアル系の日本の本というとあまりまた読む気がしません。
あとは山川夫妻の本ぐらいで。。

最近ホ・オポノポノの本を読んでいて特に感じるのですが
読み返すと、「え?以前読んだときこんなこ書かれていたの?」という内容によく出会います。
なので2回目読んでみてもまた新たな発見があるのでおもしろいです。
それと、この「ホ・オポノポノ」の本に関しては読んでいる最中は「ホ・オポノポノ」の魔法を実感しやすいということを感じます。ですので常に読んでいたい気がします。
クリーニングを常に続けなくてはならないという義務感にかられるとしんどくなってしまいますがなんとなくいつも読んでいるといつもクリーニングされている気がしますのでおすすめかもです。
[PR]
# by haneno | 2010-01-07 05:29 | 日記

父は気づいていた

うちの母は私が過去に渡した本で
美輪さんの「霊なんてこわくないよぉ」
ホ・オポノポノ 「たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え 」
などはちらっと読んでいる。。
そして私が何か言うと「もぉこの子はすぐそういう神がかりなことをいう。」
あ~。私はこの神がかりという言葉がすごく嫌い。
不快感を感じる。

夫はテクニックとして「THE・SECRET」のようなものには少し興味を示す程度。。

妹は、ホ・オポノポノは読みましたがそう感銘を受けた様子はない。。
お姉ちゃんはやばい。。と時々思っている。笑

父に関しては壁は厚くスピリチュアル的な真理については興味など全く無いと思っていました。

先日、前世や過去生についてちょろっとお話していると

父「過去も未来もない!今しかないんだよ!」
  「過去も未来も知りたくない。今この人生を一生懸命生きるだけ。それで終わり!」

娘「そう今がいい!」

私「うっ・・・そのとおりです。」


な~んだ。気づいてたんだ。
そうそうそのとおり!

今が一番大事。
今以外は存在しない。

ちょとがつ~んときました。
ああ、父はわかってたんだって。
[PR]
# by haneno | 2009-12-12 16:23 | 日記

マイケルJローズは続く・・

今日本屋へ行くとまた店頭で「マジック・フォーミュラ」というマイケル・J・ ローズの本を発見。。

あらぁ~。。と即買。
[PR]
# by haneno | 2009-12-12 13:00 | 日記

マイケルJローズ 魂との対話・魂への旅

山川紘矢先生のMIXIブログを読んでふと頭に残っていた

マイケルJローズ
http://www.roadswayjapan.com/

うちの近くのBOOKOFFには本当にマイナーなスピリチュアル本がふとあったりするので
びっくりすることがあるのですが・・・
中古本屋さんは私のスピリチュアルメッセージセンターです。

また見つけてしまいました。

あ、これ先生が言っていたマイケルJローズさんの本だ!!

すぐ買い求めました。

オポノポノをはじめてから意識的に庭木に挨拶する日々でした。

「魂との対話」はまさに自然とお話ししてしまうおっちゃんの本です。笑

川や木々との声が聞こえるなんて!いいな~。

私はまだまだ話しかけても私の声が勝手にしゃべりだす感じで
本当に自然の声が聞こえている自信はもてないですが
それでもやはり気持ちよいので毎日庭木にはなしかけています。
楽しくなってたので狭い庭ですがあちこち掘り返して土を耕し畑を作ったり花壇を作ったりし始めました。
中古のおうちなので前に住んでいた方が植えていた木を一本だけ残しているのですが
柿の木です。ホ・オポノポノでは柿の葉が婦人科系によいとされていますね。
二人目の子供がなかなかできなくて不安だったときこの木が助けてくれたのかなあ~
そう思っています。
毎日アイスブルー・ありがとう・大好きよ といいながらこの木に挨拶しています。
そうするとなんとなく温かいものを感じる気がします。

読み終えた頃また本屋に行くと続編の
「魂への旅」がちゃ~んと待っていてくれました。

この本では牧神パンがはじめて登場します。
私達日本人にはなじみの薄い神様ですが欧米ではなじみがあるのでしょうね。

以前にマーリンについてとても意識したことはあったのですが。。

私のところにもきてほしい~!
ぱーん!!
と呼ぶと、そばに来てくれた気がしました。

私にもそのようなガイドの存在が明確に感じられたらなあ。
 
この本の中でマイケルが鏡の前で次々に自分の過去生を見るシーンがあります。

これは、あの、先ごろ無くなった同じくマイケル・ジャクソンの「ブラック&ホワイト」
のPBの最後のほうに出てくる次々といろんな人種の顔が変るあのシーンではないか。
http://www.youtube.com/watch?v=6QCzK0EVISo

要するにすべての人は自分であって、自分はすべての人だということ。。

人はみな数え切れない過去生をもっているとすれば・・・
今日すれちがった他人もひょっとしたら過去生で大恋愛の末に一緒に駆け落ちした恋人だったかもしれない。。のですよね~
そぉすると他人も他人扱いできなくなりますね。

すべての他人は自分の一部であり、自分もまたすべての人の一部である。
すべては一つである。

あの、神との対話の中にはこうありました。

「自分しかいない。自分以外は無である。」

これにも通じますね。

さて現世的に応用するとして
今日はお客様は自分だと思って仕事します。
自分のためだとしたら・・・やはりもう一歩踏み込んでサービスしよう。。

こういった真理について語る本を色々読んでいますが
自分がすんなり受け入れることの出来る本はすべて同じことを語っている気がします。
意味合いとして矛盾がないのです。

今同時進行で読んでいるのは

神との対話、ホ・オポノポノ関連(随時)、宇宙からの手紙、フィンドフォーンの魔法などです。

今日「フィンドフォーンの魔法」をはじめて開きました。

少し読んでみてすぐに微笑んでしまいました。
牧神パンが出てきたんですもの。
またこれもつながっている話なのですね。
導かれている気がしてわくわくしますね。

山川先生の本をBOOKOFFで見つけたときはよほど高くない限り買い求めるようにしているのですが
これもそうでした。


さて、マイケルの本の続編の「魂の絆 」を読まずにはおれなくなりました。

これはアマゾンで中古の本がとても安く手に入りました。
ありがとう。

あ、今日はヒューレン博士が神戸にいらしゃってるなあ。
今回はセミナー参加への執着はクリーニングできたようです。
またの機会にします。笑
[PR]
# by haneno | 2009-12-11 12:42 | 日記

ホ・オポノポノ&マイケル・J・ローズ

久々にオポノポノレポート

オポノポノに出会ってから3ヶ月くらいは経ったのかな~

クリーニングもであった当初ほど頻繁には行っていないけれど
それでも今のところ毎日何らかのクリーニングは行っているかな。

ちょうどはじめたころ歯のトラブルもあったのですが
歯には小学生のときの矯正にはじまりずっとお金のかかるトラブルが続いています。
そこで特に毎日続けているのは・・・
口の中、歯やはぐき、顎などへ毎日お風呂で歯を磨きながら感謝しています。

今日も嫌な言葉を吐かせて嫌な思いさせてしまってごめんね
おいしいご飯をたべさせてくれてありがとう
など・・
今日一日の記憶をすべてみがいてきれいにするから一緒に手放してね。。って

始めた頃実は歯に大きなトラブルが発覚していて高額なインプラント治療をすすめられていました。
突然のことでましてやこの若さ?でインプラントなんて考えたこと無かったので
ちょっと躊躇していました。
それでオポノポノに出会ってこれで治るかもという期待もありました。

しかし途中で治るという期待は少し手放せていけたのかな~。
しかしそれから3ヶ月もほぉったらかしでどうなっているのか気になるけれど
自分からすすんでまた何もないのに歯医者にいくのもなあ。。
あんまり支障のない小さな虫歯でもできてまた歯医者に行くきっかけができたりしてな~。。
そぉ思っていたら本当にそうなってしまいましたよ。笑

そして久しぶりに歯医者に行って小さな虫歯を治療してもらいがてら
問題の歯の状況をみてもらうと。。
まあ、小康状態ですが膿の影がまえより薄くなっている。。

とにかく歯医者に行ってそんな小さな変化かもしれませんが
オポノポノを続けた来たことがよかったと証明されたみたいで
何かご褒美をもらったような気分でとても気持ちよく歯医者から帰ってきました。
先生への信頼と感謝の気持ちもわいてきました。
あの先生を信頼して任せておけば大丈夫。
なんとなくこの歯の状態への期待も手放せた気がしてとてもすがすがしい気持ちになりました。

手に入るオポノポノの本をすべ読み終えて次に読むものが無いなあ~
そぉ思っていたときに「マイケル・J・ローズ」の本に出会いました。
これは本当にすごい!
この本を読めるところまで準備ができてきたんだなあ。。とも感じます。
スピリチュアルは段階をふんで進行しますなあ。。
長くなったので彼の本のことは次回・・
[PR]
# by haneno | 2009-12-07 23:02 | 日記

夢がわからない:自問自答

もっとこうなればよいなあ~
そらいくつかそういう希望はあります。

・もう少し広いおうちに住めたらよいなあ~
・もう少し収入があればよいなあ~
・もう少し仕事ができたらよいなあ~
・もっと人と接する時間が持てたらなあ~
・もっと何も気にせずに楽しく子供とじっくり接する時間がもてたらなあ~
・もっと家事を効率的にこなせたらなあ~
・いつもおうちが片付いていたらなあ~
・外から帰ってきたらなんでも掘り込める大きな物置部屋があればなあ~
・もうたくさん荷物をつめてかつ人がたくさん乗れる車があればなあ~
・パソコンの高額なソフトを手に入れることができたらなあ~
・新しいセブンのパソコンが手に入ればなあ~
・おしゃれなショートブーツがあればなあ~
・海外で英語を使えるような仕事も少し出来たらなあ~

でもあなたの「夢」ってなあに?ときかれると

上に書いたことのようなことって夢?とも思えない。

今、私本当に幸せなんです。
とっても幸せです。

夢は何?といわれると
もっと幸せになるためにはあなたはどうすればよい?って聞かれてるような気がして・・

今充分幸せなのでこれ以上何を望めば?
そんなこと望んでいいの?
そんな感覚になります。

-------------------

いいのです。
幸せに際限はありません。

あなたはもっともっと幸せになるのです。
そして同時に常に今、充分幸せであるべきなのです。

あなたはそれで正しいのです。

今充分幸せでないともっと幸せにはなれないのです。
今、充分幸せであるということはもっと幸せになるレールのうえにちゃんとのっているということなのです。

夢は大きくある必要はありません。

今あなたが小さいと思っている望みはすべてあなたの大きいな幸せを形作るためのパーツです。

さあ、あなたが上に書いたその望みは既に叶う約束がなされました。
宇宙の法則が働きだしました。

それらに対する期待をきれいにクリーニングして、感謝しましょう。

もう一度すべての言葉を感謝に変えましょう。

・私は広い快適なおうちに住むことになりました。ありがとう
・私の収入が安定して充分な金額になりました。ありがとう。
・私の子育て、家事とバランスのとれた仕事量になりました。ありがとう。
・私は多くの人と日々接し成長できるようになりました。ありがとう。
・私は週末には何も気にせず子供とじっくり遊びます。ありがとう。
・私は効率的に家事がこなせます。ありがとう。
・私のおうちはいつも片付いています。ありがとう
・私にパソコンの高額なソフトが手に入りました。ありがとう。
・私は新しいセブンのパソコンが手に入れました。ありがとう。
・私はおしゃれで履き心地の良い素敵なショートブーツを手に入れました。ありがとう。

愛しています。ありがとう。

自問自答です。笑
[PR]
# by haneno | 2009-11-07 08:24 | 日記

朝一番のメッセージ:子供

起き掛けの半分寝ているような意識の時

なんとなくメッセージぽいものを受け取ることが多いです。

先日は「子供達の個性を大事にせよ!」

難しいですね~親の価値観、気分を押し付けてしまいがちです。

最近ふと気がついたのですが

「誤りなさい!」って言うとき・・・
私、いったい何に誤れって言っているんだろう?

例えば食事中、もう嫌いなものばかりで食べる気がしなくなって
途中でだだをこねてお箸を投げてしまった場合・・・

腹立ちますね~

誤りなさい!って・・・誰に?
私の気分を害したことに?
そうそう。。今まで私は自分に謝って欲しかったんですね。
私の理想どおりの進行ではないことに対して腹をたてていて・・

これ違うよな~

その投げられたお箸に誤りなさい!
にかえることにしました。

そしてそんな嫌な気分になっている自分ちゃんにも謝りなさい!ってことにしました。
[PR]
# by haneno | 2009-11-06 18:17 | 夢記録


「はねの」のスピリット・ダイアリー。自分のために。


by haneno

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

 「ぽいきみち」 

◆スピリチュアル本紹介◆
>>hanenoの本棚・ブクログ

「いままでhanenoのスピリチュアルなお勉強の根底となる本を並べています。
みなさんのスピリチュアル探求へのお手伝いになることがあれば嬉しいです。」

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧